pickup

食事や運動、薬、カウンセリング、整体やサプリメント・漢方など色々と試してみたけど、どれもイマイチ・・・

もう何年もずっと悩んでいる人にお勧めしたいのが、薬やサプリ、漢方薬のように副作用の心配のない方法があります。

>>半永久的に自律神経にいいブレスレット<<

自律神経失調症

自律神経は薬でなんとかなるの?

更新日:

自律神経が乱れると日常生活に大きく影響を及ぼしますが、自律神経の乱れを正すためには薬に頼ることも大事です。

生活習慣(食事、睡眠、運動)をキチンとしましょう!なんて言われても仕事や家庭の事情で簡単に直せないから悩んでいるわけですから、薬で少しでも治るのであれば手を出してみましょう。

なお、薬は怖いと思っている方は手を出すのはヤメましょう。手を出すことでそれがストレスとなり、自律神経が余計に悪化してしまいますので。

自律神経のおすすめ薬(成分別)7選

これらを摂取することで根本の原因である「ストレス」は無くなりません。薬の摂取はあくまでもサブ的要素としてください。

ローヤルゼリー

女王蜂の栄養源にはたくさんの栄養素が含まれており、とくにデセン酸やアセチルコリンは自律神経のバランスを整える効果があると言われています。

ビタミンB群

体に必要な8種類のビタミンBをビタミンB群といいます。ビタミンB群には脳神経に効果があり、情緒を安定させたり交感神経や副交感神経の乱れを整えたり、ストレスを和らげたりします。

ビタミンBはそれぞれが異なる作用をもっているのですが、一緒に摂取すると作用が高くなるので、ビタミンB群がまとめて摂れるマルチビタミンをオススメします。

ガンマオリザノール

米の麦芽から抽出される天然成分で、自律神経のバランスを整える作用があるため、病院でも処方されたりします。

セントジョーンズワート

西洋オトギリソウで西洋では古くからうつ病の治療に使われてきましたハーブの一種です。

神経伝達物質のバランスを整える作用があり、ストレス軽減や自律神経のホルモンバランスを整える効果がありますが、妊婦や授乳中の方は副作用があると言われているので注意が必要です。

ギャバ

神経伝達物質をサポートして神経の興奮を鎮める作用があるので、自律神経の乱れに効くサプリには必ず含まれています。

野菜や果物に含まれる成分なので、サプリから摂取しなくても普段の食生活から摂取することが可能です。

バレリアン

ヨーロッパでは古くから不眠や不安を解消するハーブとして利用されてきた西洋カノコソウです。

鎮静作用で心身をリラックスさせ、自律神経が乱れるのを防ぎます。

テアニン

茶葉に含まれる一種でお茶の旨味として有名ですが、実はアルファ波を出し緊張や不安をほぐす作用があります。

ただしお茶自体にカフェインが含まれているのでカフェインに弱い方が摂取すると交感神経を興奮してしまう恐れがあります。

自律神経の薬の名前

医者から処方される薬の名前で一般的なものは「マイテラーゼ錠」「アンチレクス静注」「オビソート注射用」「ワゴスチグミン散」「ウブレチド錠」「ジスチグミン臭化物錠」「ブリディオン静注」「グランダキシン細粒」「グランダキシン錠」「ワゴスチグミン注」「ミオカーム内服液」「メスチノン錠」「ベサコリン散」「アトワゴリバース静注」「リルテック錠」「トフィソパム細粒」「グランパム錠」「トフィソパム錠」「リルゾール錠」があります。

サプリメントであれば「DHA」「ローヤルゼリー」「ギャバ」「セントジョーンズワート」あたりになります。

自律神経の薬でめまいは治る?

自律神経の乱れによってめまいが生じてしまったとき、薬でめまいは治ります。ただし、服用したときだけ治るので根本的に効果があるとは言えません。

自律神経の乱れは交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっておきています。

その前に、自律神経の乱れが原因でめまいが起きているとは限りません。病気の初期症状としてめまいが起こることがありますので、まずはお医者さんに行かれたほうがよいかと思います。

たとえば、気分がすぐれない、気が重いなどの精神的症状があった上でのめまいであれば、自律神経系めまいと判断はできますが。。。

自律神経の薬が効かない!?

自律神経の乱れは「ストレス」が原因と言われています。

ビタミンを摂ってもローヤルゼリーを摂取しても効かないことがあります。

効かない一番の要因は、自律神経の乱れの原因である「ストレス」に向き合っていないことです。

いつでもどこでもストレスから解放されない現代社会では、いかにストレスを軽減するかが大事なんです。

薬の中にはストレスを軽減するものもありますが、それを服用しながらストレスがのしかかってたら意味がありません。効きません。

まずは少しでもストレス発散できる環境を作りましょう。

「ストレスは溜め込まず早いうちに無くしていくのです」

自律神経を直す方法で「よく寝る」「規則正しい生活を送る」「キチンとした食事をとる」「適度な運動をする」なんてことが書かれていますが、これをするには仕事を変える、家庭環境を変えることが必要となってしまいます。

こんなことはできませんので、簡単にできるストレス発散方法を探しましょう。

大声を出してストレス発散なんて簡単にできますよね?声を出すことでストレス発散になるようです。

笑うだけでもストレス発散になります。

ここで間違えてほしくないことがあります。楽しい生活を送るために趣味を無理やり見つけてはいけません。

趣味を探そう!趣味を続けよう!という思いがストレスになってしまうからです。

自律神経を整える薬はどれ?

ドラッグストアに行くとたくさんの薬がありますが、どれを選んでいいのかわかりませんよね?

どれが自律神経を整えることができるかは含まれている成分を見るのが一番最適です。

「ローヤルゼリー」「ビタミンB群」「ガンマオリザノール」「ギャバ」等々が気持ちを安定させることができる成分です。

めまいや動悸などの症状が見られる場合でも、上記成分の入った薬を選ぶことが大事なんです。

その理由は、めまいや動悸の原因が自律神経の乱れからきているからです。

自律神経の乱れはストレスが原因とされています。なので、その根本の原因を解決しなければ肉体的な症状は緩和されません。

自律神経の病院で薬をもらったけど。。。

睡眠剤や抗うつ剤を処方された場合、一時的な効果はありますが自律神経の乱れは解決しません。

ホルモン剤(エストロゲン)や自律神経調整薬(ガンマオリザノール)であれば自律神経の乱れに効果的です。

病院に行くことは否定しませんが、行くなら心療内科へ行きましょう。できるなら臨床心理士がいる心療内科がおすすめです。

自律神経失調症は症状の個人差が大きく、原因となるストレスにも対処が必要なため、簡単に治すことができません。

薬で治そうとする病院は避けたほうがよいでしょう。

耳鳴りや自律神経の薬はどんなもの?

まずは耳鳴りが自律神経の乱れからくるものなのか明確にしなければなりません。けだるいから自律神経が乱れている、だから耳鳴りがしているのは自律神経のせいだ!なんて自己判断してはいけません。

まずはお医者さんに行って耳鳴りの原因を突き止めて下さい。

もし自律神経の乱れからくる耳鳴りであれば、ストレスを軽減できる薬を服用してみてください。

耳鳴りがする原因が自律神経の乱れの場合、自律神経の乱れを治さない限り、耳鳴りは治りませんし、耳鳴りだけではなく動悸や不快感などの別の症状も生まれてしまいます。

自律神経 肩こり 薬

まずは肩こりが自律神経の乱れからくるものなのか明確にしなければなりません。けだるいから自律神経が乱れているかも、だから肩こりするのは自律神経のせいだ!なんて自己判断してはいけません。

まずはお医者さんに行って肩こりの原因を突き止めて下さい。

もし自律神経の乱れからくる肩こりであれば、ストレスを軽減できる薬を服用してみてください。

肩こりしてしまう原因が自律神経の乱れの場合、自律神経の乱れを治さない限り、肩こりは治りませんし、肩こりだけではなく動悸や不快感などの別の症状も生まれてしまいます。

更年期と自律神経の薬

更年期障害によって自律神経が乱れてしまうことは多々あります。

更年期障害の場合には女性ホルモンの乱れから起き、自律神経の場合は交感神経と副交感神経のバランスが崩れが原因。

同じ薬になることもありますが、更年期障害の薬はホルモンを正すもの、自律神経の薬はストレスを軽減させたり心を落ち着かせるものになります。

更年期と自律神経を混合してしまうと治せるものも治せなくなるので、できる限り切り離して考えましょう。

なお、更年期の薬で重要なのは「エストロゲン」を補充できるものです。

自律神経を調整する薬ってあるの?

ありません。自律神経は簡単に治るものではありませんので調整なんて無理です。

調整ではなく緩和させる薬はありますが、根本の原因であるストレスを軽減させることが一番の薬です。

ストレスによる自律神経を薬で治したい

ストレスは現代社会で生きている我々には切っても切り離せないものとなっています。

このストレスが積み重なったり、大きなストレスがのしかかったりしたとき、自律神経が乱れてしまいます。

一度乱れた自律神経は動悸、耳鳴り、冷え、不安、不眠などの症状を引き起こします。これらを切り離して考えるのではなく、全ての原因は自律神経によるものを考えてください。よく間違えてしまうことで、例えば動悸が激しくなったら動悸に効く薬を飲むといった行動をとりますが、そうではなくて動悸になった原因の薬を飲むことが重要なのです。

ですので、原因はストレスなのでストレスを軽減できる薬を飲む必要があります。

自律神経は薬で治る?

これはハッキリ言えません。自律神経失調症は様々な症状でさらに個人差があり、すぐに治る人もいればなかなか治らない人もいます。そのときの状態や状況で軽減されることもあります。

自律神経を薬以外で治すには?

自律神経が乱れてしまう原因は「ストレス」です。このストレスを軽減させることができれば薬に頼らず治すことが可能です。

しかし、ストレスは現代社会において常に付いて回るものです。なのでストレスを抱えない(増やさない)ようにすることが重要と言えます。

ストレスになる状況ができたら、その日のうちにそのストレスを無くす(軽減させる)、ストレスは持ち越さない。

これができるだけで今よりも自律神経は良くなっていきます。

よく「正しい食生活にする」「適度な運動をする」「規則正しい生活をする」「十分な睡眠をとる」といったことが書いてありますが、これができたら誰も苦労はしません。仕事や家庭があると生活習慣を変えることは難しいですから。これを行おうとしたことがストレスになる場合もあるので、とにかくストレスを軽減できる方法を見つけましょう。

ストレス軽減には大声を出す!思いっきり歌う!

大声を出すことは科学的にストレス発散になると実証されています。カラオケが好きならたくさん歌いましょう。

大声で叫んだり笑ったり歌ったりするだけで、人間はストレスが発散できるらしいのです。

こんな簡単なことなら誰でもできますよね。ただし場所は選ばないと変人扱いされてしまうので注意しましょう。

自律神経や更年期で悩んでいる人必見

食事や運動、薬、カウンセリング、整体やサプリメント・漢方など色々と試してみたけど、どれもイマイチ・・・

もう何年もずっと悩んでいる人にお勧めしたいのが、薬やサプリ、漢方薬のように副作用の心配のない方法があります。

>>半永久的に自律神経にいいブレスレット<<

-自律神経失調症

Copyright© 自律神経を整える時に必要なこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.