pickup

食事や運動、薬、カウンセリング、整体やサプリメント・漢方など色々と試してみたけど、どれもイマイチ・・・

もう何年もずっと悩んでいる人にお勧めしたいのが、薬やサプリ、漢方薬のように副作用の心配のない方法があります。

>>半永久的に自律神経にいいブレスレット<<

自律神経失調症

自律神経失調症について教えてください。

投稿日:

ColiN00B / Pixabay

自律神経失調症とは…

おそらく誰もが耳にしたことのある
『自律神経失調症』という病気、実は正式な病名ではありません。

自律神経のバランスが崩れたことにより起こる辛い症状であり、病名ではなく『状態』と言った方がいいでしょう。

では『自律神経』とは何なのでしょう?

それは、意識しなくても自然に働いてくれる神経のことです。

分かりやすく言うと、手や足は自分の意思で動かせますよね?
でも、心臓は自分でコントロールして止めたり動かしたり出来ません。

この自分の意思では動かせないけれど、生きていく上で重要な働きを勝手にコントロールしてくれる神経が自律神経なのです。

自律神経が乱れると一般的に、立ち眩みや動悸・頭痛や吐き気などの症状の他に、不眠や不安・気力や集中力の低下などの症状も出てくると言われています。

自律神経には2つの種類があります。

活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時にはたらく『交感神経』と
休息している時、リラックスしている時、眠っている時にはたらく『副交感神経』です。

この正反対の働きをする2つの神経バランスが慢性的に崩れている状態が『自律神経失調症』になります。
主に交感神経の活動が活発で、過度の緊張状態になっていることが多いようです。

自律神経失調症の原因として

1.ストレス
2.生活習慣の乱れ
3.甲状腺ホルモン・女性ホルモン

の3つが上げられます。

それを改善するためのお薬の役割として

1.ストレスの緩和
2.身体症状を改善し悪循環をなくす
3.不安障害やうつ状態の改善

の3つが上げられます。

現在、自律神経のバランスを整えるお薬が売られていないため、安定剤・睡眠薬・抗うつ剤などの『心』のお薬と、胃腸薬・制吐剤・筋弛緩薬などの『身体』のお薬を併用して治療していくことが増えてきました。

また、生活習慣の改善も大切です。

・生活のリズムを整える
・バランスの良い食事
・適度な運動
・喫煙、飲酒を控える
・カフェイン(コーヒー、紅茶など)を避ける

以上のようなことに注意しましょう。

毎朝同じ時間に起きる習慣をつけるだけでも症状が和らぐ方もいます。

カフェインは多くの飲料、食品に含まれています。
栄養ドリンクはもちろん、緑茶、ウーロン茶、ココア、コーラ、チョコレート、眠気防止のガムなどにも含まれています。

最近では、コーヒーショップやコンビニエンスストアでも「カフェインレス」のものがあるので覚えておくといいかもしれませんね。
※含有量がゼロになるわけではありません!

規則正しい生活や、バランスのとれた食事、適度な運動、簡単なようで全てを完璧にするのは難しいでしょう。

自分に合った改善方を見つけ、焦らず出来ることから少しずつ始めていくことが大切です。

自律神経失調症の治療について

めまいや動悸、頭痛や不整脈などの身体的な症状があるのにも関わらず、検査をしても異常が見つからない場合《自律神経失調症》と安易に診断されることがあります。

《~症》という病名は、原因がわからない病気につけられてしまうことがあるのです。

実際に内科を受診して自律神経失調症と診断された方が、心療内科ではうつ病と診断された例もあります。

では、自律神経失調症とうつ病の違いは何なのでしょうか?

簡単に言うと…
うつ病は《心》に症状がでてきます。

一方
自律神経失調症は主に《身体》に症状が出ます。

しかし、自律神経失調症の症状の中には、不安や集中力の低下などの《心》の症状もみられるため、判断が難しくなります。

自律神経失調症の主な症状は
頭痛、不眠、耳鳴り、めまい、便秘、下痢、動悸、息切れ、震え、しびれ、食欲不振、疲れが取れない、など。

うつの主な症状は
意欲低下、集中力の低下、笑えない、喜べない、何に対しても興味がわかない、頭が働かない、死にたい、などです。

多くの場合、身体の症状が心の症状より先に出ます。

自律神経失調症(身体の症状)

↓悪化

うつ状態(身体の症状+軽度の心の症状)

↓悪化

うつ病(身体の症状+心の症状)

このように身体の症状が長期間改善されない場合にうつ状態、そして最終的にはうつ病になってしまうこともありますので、信頼できる医師に早期に相談することが重要になってきます。
自律神経失調症の原因とされる
ストレス、生活習慣の乱れ、ホルモン

なかでもストレスには様々なものがあり、同じストレスでも人によって受け止め方が異なります。

完全主義、負けず嫌い、心配性、内向的など、弱さと強さを持つ神経質な性格の方はストレスを抱えやすいと言われています。

自律神経失調症の治療を行うには、原因を理解することが大切ですが、症状がひどいときにはその原因が見えないことがほとんどです。

心の症状が出ている場合、ストレスや不安を和らげる為の精神安定剤、抗うつ剤、睡眠薬(パキシル、デパス、ハルシオン)などが処方されます。

他にも抗精神病薬(コントミン・セロクエル)、気分安定薬(デパケン)なども使われます。

これらのお薬は脳の中枢神経に作用し、緊張や不安を和らげてくれます。その結果、ストレスが緩和され自律神経のバランスが正常に近くなるのです。

また身体的な症状を落ち着かせる為の制吐剤、胃腸薬、筋弛緩剤(プリンペラン、イリボー、テルネリン)などが処方されることがあります。

このような身体のお薬は、症状が出ている臓器にピンポイントに働いてくれます。

しかし「薬を飲み続けて大丈夫なの?」という不安も出てきますね。

自律神経失調症の治療に使われるお薬は、副作用や依存性があるものも少なくありません。

でもつらい症状を短期間で改善するには、即効性のあるお薬を服用することも必要です。

確かに安定剤などを飲むと精神的に落ち着き、動悸や息苦しさといった症状は楽になります。

不安な症状を一時的にでも取り除くことは、治療を続けていく上で大きな自信に繋がります。

症状が軽くなり心にも余裕が出てきたら、副作用や依存性の少ないお薬と、呼吸法などによる心と身体をリラックスさせる精神療法をバランスよく組み合わせ治療を進めていきましょう。

規則正しい生活や、栄養バランスのとれた食事、運動なども忘れてはいけません。

あなたのつらい症状が改善に向かう治療法は必ず見つかります!

自律神経や更年期で悩んでいる人必見

食事や運動、薬、カウンセリング、整体やサプリメント・漢方など色々と試してみたけど、どれもイマイチ・・・

もう何年もずっと悩んでいる人にお勧めしたいのが、薬やサプリ、漢方薬のように副作用の心配のない方法があります。

>>半永久的に自律神経にいいブレスレット<<

-自律神経失調症

Copyright© 自律神経を整える時に必要なこと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.